アストロラーベ解説 | Luminareo

アストロラーベ解説

アストロラーベ解説

2017-12-31

「アストロラーベ」とは、古典時代に発明され、主に中世のイスラム世界やルネサンス期のヨーロッパなどで広く使われていた天文観測器具です。

アストロラーベ・裏表

このアストロラーベ、とにかく初期の天文学のマストアイテムで、用途はえらい幅広く、

  • 太陽・月・惑星・恒星といった天体の軌道傾斜角の測定
  • ある土地での現地時間の算出
  • ある土地の緯度経度の測量
  • キブラ(メッカのカアバ神殿の方角)の算出
  • サラート(イスラム教の礼拝)の時間の算出
  • 測量や三角測量
  • 惑星の位置の予測
  • ホロスコープの作成

といった用途に使われました。

が、見てもらえりゃ分かりますが、「透かし彫の唐草で表現された星図が円盤の上で回転する」という、厨二病を猛烈な勢いで悪化させるアイテムです。
それだけでも厨二病に悪いのに、さらに「色々な使い方のあった(が、まとまった情報が伝わってなくてよくわからない)アナログ・コンピュータ」だなんて言われりゃもう大変。

だって、使い方の失われたアナログ・コンピュータですよ? 心踊りません?
あなたの心が踊らなくても瀬野の心はぴょんぴょんします。
と言うわけでこの使い道のわからないアナログ・コンピュータ、使ってみようじゃありませんか。みんなで!


え? ここ占いのサイトじゃねーのかよ、天文学関係ねーだろ?
いやー、それが全然んなこたぁないんだな! 天文学と占星術は歴史上猛烈に密接な関係があってですね。
およそ地動説が確立する前の天文学は占星術との区別があまりなく、中世では占星術はほぼ学問として扱われてました。
それにホロスコープのアセンダントやハウスを割り出すのにアストロラーベが使われたりもしたもんです。

アストロラーベについて

アストロラーベ・パーツ

関連資料

参考文献

このコーナーで主に参考にしたサイトや文献は以下の通り。

アストロラーベ製作・製図

アストロラーベについて

関連資料