小アルカナの構成 | Luminareo

小アルカナの構成

小アルカナの構成

2014-07-10

うん、
タロット裏面の柄を考えてたときに、大アルカナの構造以外にも考えてたことがある。
それは、まず4つのスートってどういうことなのかということ。
そして、小アルカナの構成のこと。


4つのスートがどういうことかっていうのは、各スートのエースのところでまとめるので、ここには書きませんですよ。

ライダー版とトート版

ところで、ライダー版の数札なんだけど、ワンドとソードだけが10に行くほど妙に辛い感じで、カップとペンタクルだけが10に行くほど妙に幸せってのには、瀬野にはどうしても承服しかねるんだよね。

1から10に至るまで、各スートで平等に辛くなるか、平等に幸せになれよって思うぞ。


それに対して、トート版タロットの小アルカナは4つのスートの各エースが、その要素の根源を表してて、エースを除いた各スートの2~10の数札が、占星術の36デカンに対応してて、キング・クイーン・ナイト・ペイジがそれぞれ4大元素に対応してる形なんですが、

キング・クイーン・ナイト・ペイジがそれぞれ4大元素に対応するってのが実にシステマティックで、オールマイティーで、分かりやすくて、良かったんですよね。
正直、よく言われる「コートカードは人物とみなす」っていう意味の取り方は全くと言っていいほど全然ピンとこなすぎて、瀬野は20年くらい往生したよ。

あと、1が根源で、2~4が活動宮、5~6が不動宮、7~10が柔軟宮っていうのも発現して発展してくっていう展開が見えて、これもほんとすごいキレイ。
スッキリしてて超かっこええと思ったんですよ。

なんで、瀬野、小アルカナの構造はトート版を見習う形で行こうと思う訳です。

エースから10までの展開

瀬野が考えてる数札の展開は、無理に言葉にすると大体こんな感じ。
……あのね、これは瀬野の考えだからね?
大事なことだからもう一度言うけど、これは瀬野の勝手な考えとか、自己解釈だからね?

数字性格サブ性格要はどういうことか
A根源(なし)純粋な要素の発現
2活動対の要素の発現・対立・バランス
3要素が現実に現れ始める
4要素が現実で安定する・停止
5不動要素が現実で不和を起こす
6要素が最も美しい形で現実と調和
7要素が対のものに変質し始める
8柔軟変質した要素と元の要素が釣り合う
9現実での要素の完成・完結
10あり過ぎ・もはや変質しきったもの

活動っていうのは、そのスートとか性格について学んでる感じ。守破離の守って感じ。
不動っていうのは、学んだことを自在に使いこなしている感じ。守破離の破。
柔軟っていうのは、学んだことを踏まえて新たな方へ向かう感じ。守破離の離。

対の要素っていうのは、各エースのリバース的な感じで。
2は、一つのカードの中に純粋な要素と反対の要素が存在する。

6から先は、要素は現実の中にしっかり根差しているんだけど、その中で要素そのものが段々対の要素へと変質していく感じ。
9は「陰と陽と両方あって完成」という感じ。


これは現在のひっじょーにざっくりしたイメージですよ。
各カードの詳細を考えるときに、もうちょっと詰めます。

36デカンとの対応

ついでに黄金の夜明け団とかトートタロットで採用されてる、占星術の36デカンと各スート2~10の対応を書いとこう。
覚書だよ!

(2018-02-27 追記)
以前ここには自己解釈の小アルカナ36デカン対応を書いてたんですが、「小アルカナ 36デカン」で検索するとこのページがトップに引っかかってきてしまうため、自己解釈のものは取り下げました。
長らく誤解を招いていたことをお詫び申し上げます。

サインデカンフェイス小アルカナ
白羊宮0度~10度火星ワンドの2
10度~20度太陽ワンドの3
20度~30度金星ワンドの4
金牛宮0度~10度水星ペンタクルの5
10度~20度ペンタクルの6
20度~30度土星ペンタクルの7
双児宮0度~10度木星ソードの8
10度~20度火星ソードの9
20度~30度太陽ソードの10
巨蟹宮0度~10度金星カップの2
10度~20度水星カップの3
20度~30度カップの4
獅子宮0度~10度土星ワンドの5
10度~20度木星ワンドの6
20度~30度火星ワンドの7
処女宮0度~10度太陽ペンタクルの8
10度~20度金星ペンタクルの9
20度~30度水星ペンタクルの10
天秤宮0度~10度ソードの2
10度~20度土星ソードの3
20度~30度木星ソードの4
天蝎宮0度~10度火星カップの5
10度~20度太陽カップの6
20度~30度金星カップの7
人馬宮0度~10度水星ワンドの8
10度~20度ワンドの9
20度~30度土星ワンドの10
磨羯宮0度~10度木星ペンタクルの2
10度~20度火星ペンタクルの3
20度~30度太陽ペンタクルの4
宝瓶宮0度~10度金星ソードの5
10度~20度水星ソードの6
20度~30度ソードの7
双魚宮0度~10度土星カップの8
10度~20度木星カップの9
20度~30度火星カップの10

……それがさ、フェイスってただ惑星を順番に機械的に当てはめてるだけなのが嘘くさいので超個人的に嫌いなんで、そのことを明記してここに瀬野のオリジナルタロット用の独自解釈を載せてた訳ですが、その瀬野の独自解釈をそのまんま転載して「デカンの支配星です」とか掲げてる恥ずかしい占星術講座のサイトを見つけちゃいましてだなぁ……
それでもですよ、きちんとした占星術本やタロット本を当たったり、海外のまじめな占星術研究サイトを巡れば、フェイスとは何かということや、正確なデカンとフェイスの対応の情報とかはすぐにわらわら出てくるはずなんですがね?
こっちはむしろ「デカンと惑星の対応違いますよ」ってツッコミが来るだろうと覚悟してたところだったんですがね?


ところで、十二宮について書いてるとさ、なんかこう、黄金聖闘士がまぶたの裏に浮かぶよね。
ムウとアイオリアとアイオロス、アルデバランとシャカとシュラ、サガと老師とカミュ、デスマスクとミロとアフロディーテが組なのかー、とか。
車田先生ったら火の星座大好きで、水の星座は冷遇してるかもー、みたいな。

ところで目下瀬野が一番応援してるのは、蟹座のデストール姐さんです。
初め「うわぁ蟹座がまた(以下略」だったですが、今やあのキャラなのに何故かカコイイです。
がんばれ姐さん!!