悪魔 | Luminareo

悪魔

悪魔 ― えーかげんにせんかい!

2014-07-28

はい、タロットの嫌われカード多分トップ3、「悪魔」のカードでございます。
実際「執着」や「依存」、「欲望」「誘惑」を意味する嫌げなカードですしね。


瀬野的にはこの「悪魔」ワンオラクルをやったとき、出たカードの意味がどうにも解釈できなくて「え、なにこれどういう意味? もう一回kwsk」を5~6回ぐらい繰り返してその最後に出る、というのがいつものパターンです。

……これはいつも「えーかげんにせんかい!」とデッキに怒られた気分になりますね。

あと、朝っぱらからむちゃくちゃ疲れてるときにもよく出ます。

朝っぱらから疲れているようなときって「死神」も割とよく出ますけど、「悪魔」が出るときは、体力だけじゃなく精神力も消耗してる感じのときが多いです。
この場合は「今日は仕事にならんから、一日適当にやり過ごせ」という感じですか。


要は、瀬野の体感的に、「悪魔」のカードって理性とか判断力がイカれてるときに好発します。

早い話が諦めなさい

また、「悪魔」が出るときって、ぶっちゃけ何か問題に対して、当人に出来ることはすでに無くなってるか、もしくは当人の打っている手がだいぶ見当ハズレなときに出るみたいです。

今やっている行為はいいかげん諦めろ、手放せってことでもあるようです。

ぶっちゃけ、対策が尽きてたり外れてたりでどうしようもないものを、「どうしようもない」という判断が出来ず、想いだけで何とかしようと続けるから「執着」とか「依存」とかそういう意味になるんでしょうな。


アルカナの順番的に考えてもそういうことが言えますね。

「悪魔」より前に「死神」があるでしょ。
この「死神」の時点で話は既に終わってるんです。

その後、本来なら「節制」で体制を立て直しつつ、新たな方向を模索するべきなんですが、終わった話を今までと同じように続けようとして「悪魔」が続く訳です。

それでもまだ同じように引っ張るなら、その先の展開は「塔」という訳です。


正直、タロットで一番嫌われる「死神」「悪魔」「塔」も実は、受け入れることさえできれば悪いカードではないんです。
受け入れることさえできれば、ね。

「死神」状況が終わったことを意味するし、「塔」現状認識が致命的に間違ってることを意味します。
そして「悪魔」は、その判断や行動はもう無理だから立ち止まれと警告してる。

この3つのカード、実はどれも「立ち止まって現状を見直せ」ということを言うてるんですよね。

それがなんでタロットでもトップスリーを争う嫌われ札になっちゃうのか。

……。

「人間、いかに現状を受け入れて、自分の認識や行動を修正するのが嫌か」「自分の今やってる行為が実は有効ではないと認めるのがどれだけ嫌か」ってことかもしれません。

切り口を変えよう

ていうか、瀬野は思うのですよ。

「最後まで諦めるな」とか、
「諦めたらそこで試合終了ですよ」とか

余計な御世話じゃ!!


だってね、それまでの方法を続けてて行き詰まってる訳じゃないすか、自分的に。
そのやり方でうまくいっていたなら、そもそも諦める諦めないちゅう事態そのものにならんがな。

つまり、少なくとも、今やってきたやり方だけは改める必要がある!

諦める必要があるのは、やり方だけでいいのか、それとも目的そのものから諦める必要があるのか、んなこた場合によりますがな。

でも、今自分のやってるやり方で立ち行ってないのであれば、「今自分がやってること」だけはきりっと止める必要があるでしょ?

それを、外野は方法も目的も一緒くたにして「諦めるな」とだけ言い捨てる。
現状を再確認して方向転換するのが悪いことであるかのように言う。
それも、その外野ってのは「諦めないことがいいことだ」という他人の受け売りなにも考えないでそのまま他人に押し付けてるだけなんだからマジ始末に悪い。

「自分の今の行動をやめること=人生の全活動の全停止」じゃないっつーの。
「諦める(やめる)ことだって方策の内」ですよ。
何が一番いい方策かは、自分だけにしか判断できません。

「諦める」っていう表現が悪ければ、「切り口を変える」でどうでしょ?
あるいは、方向転換とかね。


瀬野の体感で言うと、例えば、「あの人は瀬野のことどう思ってますか」と占って毎回毎回「悪魔」がでる、ということがあったんですが、あるとき質問の仕方を変えて、「瀬野はその相手からどう思われたいか、そう思ってもらえるか」と占うと面白いほどぱったり「悪魔」が出なくなったことがあります。

要は、「それで自分はどうなるのか」「自分はどうありたいか」という目的をはっきりさせてみたんですね。


「悪魔」が出るときって、それを続けたらどうなるということが自分でもうやむやになってしまっているときが多いと思います。

だから、切り口を変えて、先に「その結果どうなる」と目的から考えてみるんです。

目的がある上での行動停止や方向転換なら、「諦めた」とは違うでしょ?

という感じで、「悪魔」、かなり痛いところを突いてくるけど、実はそんなに怖くないカードです。

「 目的 (真の意志) を見失っているぞ」という、耳の痛い忠告をしてくれているカードです。

いっそデーモン閣下で

そういや最近、瀬野は聖飢魔IIヒトカラするのがマイブームなんですが(瀬野、リア中リア高時代は聖飢魔IIが大好きでした)、小うるさいっぽいけど言ってることは確かにそうだというあたり、「悪魔」ってなんかデーモン閣下みたいなカードですね。悪魔だけに。

また、聖飢魔IIも、見た目は実にアレだけど、カッコいい歌・沁みる歌が多いです。
そう思ってみれば、「悪魔」のカード、聖飢魔IIぽいカードでもあります。悪魔だけに。

そんな訳でー!
このカードが出て怖くなったら、デーモン閣下を思い浮かべたらいいと思います!