第4の小径 | Luminareo

第4の小径

ケセド(Chesed:慈悲)

2017-02-11

「形成の書」の記述

第四の小径の名は「固まった意識 (Sekhel Kavua)」である。
全てのスピリチュアルな力がここから「最も」霊妙な放出として放たれるためにそう呼ばれる。
神によって祝福された原初の放出源の力を通して次から次へと放たれる。

四世界別の照応

神性タロット
アツィルト深い菫色エル(El:神)ワンドの4
完成した仕事
ブリアーツァドキエル
(Tzadkiel)
神の審判
ソードの4
闘争の休止
イェツィラー深紫カスマリム
(Chasmalim)
輝けるもの
カップの4
悦楽
アッシャー深い紺碧に
黄斑
ツェデク
(Tzedek)
公正さ、木星
ペンタクルの4
地上の権力

小径ごとの照応

特徴条件づけられた創造力
ブリアー界の顕現権威
イェツィラー界の顕現水から生じる火
創世記みづひとところあつまりてかわけるつちあらはるべし(一章九節)
幻影公正、独善
元素
惑星木星
ゲマトリア72
称号ゲドゥラー (Gedulah:偉大)、愛、威厳
象徴立体図形、正四面体、ピラミッド、
ギリシャ十字、宝珠、杖、王笏、鉤杖
霊的体験愛のヴィジョン
魔術的イメージ戴冠し玉座に就いた強大な王
クリフォトガシェクラー(Gasheklah:粉々に破壊する者)
空論
肉体慈悲の腕(左腕)
美徳従順
悪徳頑固、偽善、暴食、独裁
神話の神々エジプト神話:オシリス
ギリシャ神話:ゼウス
ローマ神話:ユーピテル
ケルト神話:ダグザ
北欧神話:オーディン
ヒンドゥー教:ラーマ・チャンドラ
マヤ神話:未同定
アステカ神話:未同定
シュメール神話:未同定
動物ユニコーン
植物オリーブ、シャムロック
宝石サファイヤ
鉱物
四世界ブリアー界
位置慈悲の柱・中央
チャクラスロート・チャクラ
香料シダー(ヒマラヤスギ)