第2の小径 | Luminareo

第2の小径

コクマー(Chokmah:叡智)

2017-02-11

「形成の書」の記述

第二の小径の名は「光を放つ意識 (Sekhel Maz'hir)」である。
それは創造の冠であり、「全てのものの上に頭として称えられる」均質な合一の発光である。
カバリスト達はこれを第二の栄光と呼ぶ。

四世界別の照応

神性タロット
アツィルト澄んだ淡い青ヤハ、イェホヴァ
(Jah / Jehovah)
ワンドの王、
ワンドの2
支配
ブリアー灰色ラツィエル
(Ratziel)
神の伝令
ソードの王、
ソードの2
平和の回復
イェツィラー青い真珠灰色
真珠母貝色
オーファニム
(Auphanim)
カップの王、
カップの2
アッシャー白に赤青黄斑マツロト
(Mazloth)
黄道十二宮
ペンタクルの王、
ペンタクルの2
調和のとれた変化

小径ごとの照応

特徴無制限の創造力
ブリアー界の顕現大変革
イェツィラー界の顕現霊から生じる霊
創世記ひかりあれ(一章三節)
幻影独立
元素火の根源
惑星黄道十二宮
ゲマトリア73
称号イェツィラーの力、テトラグラマトン、
アッパ(Abba:至高の父)、父なる神、
(テトラグラマトンの)ヨド
象徴リンガム(男根)、ファロス(男根)、
(テトラグラマトンの)ヨド、
栄光の内なる衣、直立する石、
塔、掲げられた力の杖、直線
霊的体験神のヴィジョン、神と直面する
魔術的イメージ髯を生やした男性の姿
クリフォトオギエル(Ogiel:邪魔する者)
恣意性、気まぐれ
肉体慈悲の顔(顔の左側)
美徳献身、善
悪徳
神話の神々エジプト神話:アトゥム、トート
ギリシャ神話:ゼウス、ウラヌス
ローマ神話:ユーピテル、カエルス
ケルト神話:ダグザ
北欧神話:オーディン
ヒンドゥー教:インドラ、ヴィシュヌ
マヤ神話:未同定
アステカ神話:ビラコチャ、 オメテクトリ
シュメール神話:バアル、エンリル、アヌ
動物男性
植物オリーブ、シャムロック
宝石スタールビー、ターコイズ
鉱物なし
四世界アツィルト界
位置慈悲の柱・最上部
チャクラクラウン~サードアイ・チャクラ
香料ムスク(麝香)